« デイケア 64日目 | トップページ | デイケア 67日目 »

デイケア 65、66日目

Horutaelectrocardiogram

 火曜日は診察だった。この数カ月は四週間毎に精神科と内科の診察を受けている。処方される薬に大きな変化はないが、最近の様子を話したり体調の変化や気 になることを問診で伝えている。デイケアには基本的に毎日通っているので、専属の看護師さんやスタッフさんたちが僕等の日々の変化に目を光らせてくれてい る。最近は自転車で通院するようになったので、慢性的に運動不足だった体には良い刺激になっていると思う。以前ほど頭痛に悩まさせることはなくなったが、 動悸と胸痛は相変わらずなので、そのことを今回の診察の時に話した。精神科の先生はあまり問題視してはいないようだった。内科の先生はデイケアの看護師さ んが書いてくれたメモを見ながら、血圧を機械式の測定器じゃなくて水銀計と手動ポンプと聴診器で測ってくれた。血圧は高血圧基準ギリギリのラインだけどあ まり問題はないらしい。先月の血液検査の結果もそれほど問題になるような数値は見当たらなかった。が、頻脈結滞があるので調べた方がいいといわ れた。そこでホルター心電計を 装着して、24時間心電図を測定してみることになった!以前の診察でもその機器の話は出たのだが、まさか今日やってみることになるとは思わなかったから ビックリだ。そしておかしなことに、そういう時に限って胸の痛みが無かったりするのかなぁなんていう不安にかられたりする。まぁ、それはまったく杞憂に過 ぎなかったけども…。診察が終わった時間はすでにデイケアで昼食が始まる時間になっていた。その日の午後は音楽のプログラムに参加した。いい天気だから外 で桜を見ながら音楽を聞こうということになったのだが、院内の桜はあまり開花していなかったので、30分ばかり散歩をして音楽室に戻った。デイケアが終 わってからカウンセリングを受けた。前回までに心理の先生から言われたこと、今自分に起こっている事とそれについてどう考えているか、どうしたらいいかな ど、頭の中にゴチャゴチャになっている記憶や判断や論理や優劣といったことが、面接の中で整然と組み立てられていく感じがした。最近よく思うのが、自分の 心を構成しているパーツがあって、それは良いものも悪いものもあって、そしてそれらをどれくらい働かせたり休ませたりすればいいのかということが、カウン セリングの中で本当に少しずつだけど整理できているのかなぁということだ。すべてのパーツを列挙したり整理することは病気だろうとなかろうと難しいことだ ろうけど、今の自分には割と重要なことのように感じてしまう。それに囚われることも良くないことだけど、まったく考えないというのはそれはそれで良くな い。要するに物事の考え方の塩梅をカウンセリングで見つけていく、という作業なのかもしれない。他のカウンセリングを受けている人たちがどういう話をして いるのかは関係ない。気にはなるけどね。僕には僕のこころのありかが あって、その何割かの部分を発見して確認することができれば、いまより幾分こころが軽くなって暮らしやすくなるのかな?その日は病院か ら駅前の薬局へ自転車で乗り付けて、薬をもらって自宅まで帰った。汗ダクである。だけど、心電計をつけているので風呂に入れない。仕方が無いので固く絞っ たタオルで体をよく拭いてから、顔を洗って布団に入った。僕にしてみればとても密度の濃い一日だったこともあって、ちょっと疲れ気味でイヤな予感もしたの で、パソコンも開かずにさっさと眠った。疲れていたのですぐ眠れた。 ...全文

|

« デイケア 64日目 | トップページ | デイケア 67日目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/47959761

この記事へのトラックバック一覧です: デイケア 65、66日目:

« デイケア 64日目 | トップページ | デイケア 67日目 »