« Kawasaki KC707 | トップページ | デイケア 61日目 »

デイケア 60日目

 自転車でのデイケア通院初日、曇り空の一日だった。いつもより早めに起床して朝食後にウォーキング、コーヒーブレイクをしてから自転車に乗り込む。ジー パンやシャツ、アンダーウェアなどの着替を入れたデイバッグが意外に大きくなって、ボトルホルダを取り付けた前カゴに入らないことに気がついた。急遽ボト ルホルダを取り外したのだが、ネジ山が削れてしまって再起不能になってしまった。工具というよりむしろ取り付けネジが軟弱なのが問題だが、それは家に捨て 置いて出発することにした。病院までは緩急のある上り坂が8キロ続く行程だ。昨日天気が良かったし、自転車に乗るのが久しぶりだったので、試しに病院まで 行ってみたのが良かった。道路や交通など、Googleであらかじめ調べておいた情報を確認することができたし、サプライズ で担当医師(=病院長)にも会うことができた。体力の消耗度や発汗の具合なども知ることができたが、前カゴの荷重までは頭が回らなかったのが残念だ。自転 車の剛性の問題かもしれないが、前カゴに荷重があるとブレーキ時にフロントフォークのバランスが崩れるらしく、ブレーキシューから振動音が発生することが あったからだ。幸いブレーキがタイヤに触れることはないし、加熱の問題は全く感じなかったので、週末にでも調整してみようかな。ちなみに大学時代に調整ミ スでブレーキシューがタイヤに触れたことがあって、その時は長い下り坂でタイヤが擦れてパンクしてしまった。パソコンと同じで大人が自転車にハマるといろ いろ凝ってしまいそうだ。少なくともペダルとハーフクリップは取り付けたいし、前記のボトルホルダも取り付け金具を買ってきてハンドル中央にくっつけた い。できればサイクルコンピュータも欲しいね。

Bicycleatsea

 いつもの時間に病院に到着して受付を済ませたのだが、汗だくで着替えたり脱いだ服の後始末や顔を洗ったりしていたら、ミーティングが始まってしまってい た。午前のストレッチに参加して、自転車運転30分の筋肉の緊張を解きほぐすことにした。その後はお茶を飲んで本でも読もうと思っていたら、スタッフさん とメンバーさんが明後日に使うくす玉を作っていた。成り行きで僕もその作業を手伝うことにした。昼休みも作りかけのくす玉が気になったので、ちょっとだけ 後始末のつもりで折り紙やら毛糸やらで加工をしてみた。明日、ふたつのくす玉のもうひとつを完成させないとな…。午後は音楽に参加して、こちらも明後日に 歌う替え歌などの練習やトーンチャイムの合奏をした。デイケアが終わってから外来に行った。今日はカウンセリングの日だからだ。このところ毎週火曜日の午 後にカウンセリングをしていて、自分の物音の考え方やその時の気持ちを話し合うことで、心の整理をしているとおもう。心理士さんは僕の考えていることを整 理してくれるので、自分の考えを再認識したり矛盾点や論点を再確認することができると思うんだな。限られた時間の中ですべての考えを整理することはできな いけど、次の心理面接までの期間に何を念頭にしていけばいいか、その指針を示してくれるのが心強い。指導されたことすべてを実践できないけど、デイケア活 動同様に少しずつ変わっていければいいのかなとも思う。実際、自転車通院だって自分の中にあった漠然としたイメージを、デイケアのスタッフさんたちの助言 で実現に漕ぎ着けた訳だし、体を動かすことが実は気持ちが良かったことに気が付いたのもそうした一連の活動(リハビ リ?)の成果だと思うから。人が動く、人を動かす、そして病気を治すっていうことがどんなに難しいのか、なんとなくその仕組の片鱗を垣間見た気がする。 ...全文

|

« Kawasaki KC707 | トップページ | デイケア 61日目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/47890168

この記事へのトラックバック一覧です: デイケア 60日目:

« Kawasaki KC707 | トップページ | デイケア 61日目 »