« デイケア 56日目 | トップページ | デイケア 58日目 »

デイケア 57日目

Alteredstates

 いい天気だった。朝食後に愛犬と一緒にウォーキングをしたのだが、途中から眠くなって体が思うように動かくなった。自分の思考に反してダラダラと愛犬の 後を追って歩くのは情けない。それでも以前のような強い眠気ではなかったので、どうにか自宅に帰ってきてコーヒーを飲んで病院に向かった。要するに朝から 何となく体調が良くなかったのだ。午前はストレッチに参加して、そんな気怠い体をほぐすよう努力してみた。なんだかフラフラしてバランスが崩れるのはなん でだろう?昼食はタンメンだった。昼休みは音楽室で仰向けに寝転がって、自律訓練をして過ごした。体の力を意識して抜く一連の動作は、なんとも不思議な感 覚に陥ることができる。ストレッチの後にスタッフさんとした会話に、プールで浮かぶには体の力を抜かなければいけない、力が入っていると沈んでしまうという話が出たのを思い出した。耳に水が入ると外の音も聞こえなくなり、まるで母親の胎内に回帰したような感覚になるというのだ。これはすなわち、アイソレーション・タンクの実験と同じなのではなかろうか。もっとも、アイソレーション・タンクに入る前にはLSDを 使うんだけどね…。自転車の話もした。近いうちに自転車でデイケアに来たいと思っているからだ。午後は少し遅れて音楽のプログラムに参加した。例によって CDを聞いたりトーンチャイムの合奏をしたりした。もう何度も練習しているのに、合奏となると妙な緊張をしてしまう。これは病気だからとかいう理由じゃな いと思うけど、必要以上に緊張して頭が真っ白になりそうになるからタチが悪い。音楽が終わってミーティングルームでデイケアが終わるまでのしばらくの間の 記憶が飛んでいる。たぶん何か考えていたのだろう。昨日のカウンセリングでは、物事を考えるのではなく考えないように努力してみては?と促された。考えな いというのは難しいが、今の自分にはそれくらい意識した方が脳を酷使せずに済むからという理由だ。病気自慢はしたくないけど、鬱ってやっぱり脳の疲弊なん だと思うことがよくある。疲弊すると再び疲弊する癖がついてしまうような、そんなスパイラルがある気がするんだな。だから、心にブレーキをかけて考えない 努力をするくらいが調度いいということだ。でも、その渦中にいるとき(自分の考えの中に没入している状態。あるいは自閉モードと言い換えてもいい。)に は、そのことに気が付けない、と思うのは論理が矛盾しているだろうか?1) ...全文

|

« デイケア 56日目 | トップページ | デイケア 58日目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/47835177

この記事へのトラックバック一覧です: デイケア 57日目:

« デイケア 56日目 | トップページ | デイケア 58日目 »