« 宇宙から、僕はコタツで。 | トップページ | デイケア 18日目 »

2009年を振り返って

 本当は2009年の大晦日までに済ませておきたかったのだが、体調がわるかったり用事があったりして落ち着ける時間ができなかったから、年が明けた今日 (2010年1月2日)に2009年を振り返ってみようと思う。実は一度ブログを読み返してこのアーティクルを書きかけていたのだが、何を書いているのか わからなくなったのでもう一度書く。

 2009年という年は僕にとってあまりいい一年とは言えなかったと思う。正確にはプラス面よりマイナス面が多かったと言うべきだろう。プラス面では仕事と趣味の充実が挙げられる。仕事では会社で開発している組み込み機器の電子回路設計からプリント基板製作をすることができた。それと同時に並行作業して、uITRON4互換のリアルタイムオペレーティングシステムフルスクラッチで、仕様にある機能の8割程をビルドして実機テストすることができた。インプリメント作業が残っている機能は、ミューテックスとランデブ、そしてコンフィギュレータである。実用上はタスク、メモリ、タイマー、割り込みなどの管理はほぼ完成していた。リアルタイムオペレーティングシステム製作の過程で、マイコンと人間のインタラクションの希薄さに失望1)して、FORTH言語をシステムの機能として盛り込もうと躍起になっていたことが思い出される。これは古い考え方ではなく、今でもFORTHに限らず軽量インタプリタ言語や仮想機械実装は、携帯機器のフロントエンドとしてや、ウェブブラウザのスクリプトエンジンとして、実行性能へのプライオリティがとても高い。Androidもそうだし、Javascriptの実行エンジン最適化や、Rubyの仮想機械の高速化など、その方面の技術的な側面はさておき、話題は結構頻繁に登っているのを聞く。趣味ではやはりウェブサーバーの自宅立ち上げを皮切りに、レンタルサーバーへの移行、TwitterDeliciousFlickrYouTube、そしてTumblrな どのウェブサービスの利用が楽しかった。2008年から本格的に自宅サーバー立ち上げテストを行っていたのが、2009年に入って本格的に24時間運用を 開始した。パソコンの不調もあり、およそ半年で自宅サーバーを断念して、@niftyのホスティングサービスに移行したが、どちらにしても CMSWiki などのウェブ開発の表と裏2)を体験できたことや、運用することの難しさ3)を理解できたことは大きかった。趣味という点ではArduinoGainerと いうエレクトロニクス・ガジェットとブレッドボードによる電子工作の楽しさに触れたのも楽しかった。どうしてもプリント基板に目がいってしまいがちだった のが、ハードウェアもソフトウェアもプロトタイプのままリリースしてしまうという、ラピッドプロトタイピングからインプリメントという概念は、それまでの 自分の中の電子工作やヒューマン・インタラクションの考え方を変えさせてくれたいい機会だったように思う。 ...全文

|

« 宇宙から、僕はコタツで。 | トップページ | デイケア 18日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/47187123

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年を振り返って:

« 宇宙から、僕はコタツで。 | トップページ | デイケア 18日目 »