« デイケア 19日目 | トップページ | デイケア 21日目 »

デイケア 20日目

2010mochitsuki

 差別区別の意味はとてもよく似ていると思う。だがしかし、日常生活で一般的に使うこれらの言葉の表す行動を見ると、その意味の相似とは逆に、それぞれ異なるベクトルを示しているように思える。

差別
  1. あるものと別のものとの間に認められる違い。また、それに従って区別すること。
  2. 取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。
区別
  1. あるものと他のものとが違っていると判断して分けること。また、その違い。

 物事の違いを見極めるという点で、ふたつの言葉はとてもよく似ている。これは差別という言葉に区別という言葉が含まれていることからも明らかである。決定的に違うのは、差別という言葉に含まれる侮辱的・必然的悪意であろう。差別の用例として「性の差別(=性差、男尊女卑)」「人種の差別(=優生学)」などがあり、どの例も自然科学的には単なる区別としての「差」であるにも関わらず、そこから生まれる文化や歴史を評価した上で、根拠のない不当な行動がなされていることになる。よく知るところでは海外のアパルトヘイトカーストが有名だが、日本の歴史で登場する士農工商をはじめ、現代における部落問題などの差別問題は多数存在している。そうした差別問題の多くは歴史的な背景が根強く反映されていて、あたかも不文律であるかのように社会に存在し、そして浸透しているおかげで普段はまったく目に見えない。ただし、差別される人達は別なのだが…。...全文

|

« デイケア 19日目 | トップページ | デイケア 21日目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/47229841

この記事へのトラックバック一覧です: デイケア 20日目:

« デイケア 19日目 | トップページ | デイケア 21日目 »