« デイケア 3日目 | トップページ | この本、実は有名なのかな? »

極めてロジカルな問題

 精神科デイケアに通うことになった先週末は、緊張の連続であっという間に時間が過ぎて行った気がする。土曜日と日曜日はそれまで一日中噛り付いていたパソコンを触りたくてしょうがないという反動で、ネットサーフィンに没頭してしまっている。やっぱり少し無理をしてもデイケアに通ってこういう生活から脱しなければ自分は変わらないと思った。妻曰く、自分から変わろうと思っても変われるものではなく、変わったあとでそのことに気がつくものだと いう。確かにそれも言い得ていると思う。だがしかし鶏卵問題のようでもあると思ってしまうのは間違っているのか?変わろうとしたから変わったとも言える し、誰かに変えられたから変わったのかもしれない。どちらにしても変化の切欠を作った張本人は自分なのであり、そこから受動的・能動的な作用で自分が変 わったこのなら、それは自分から変わったと言い換えられるんじゃないかと思うんだな。どうでもいいか…。でもこれって極めてロジカルな定義の演繹の問題なんじゃないかと思う。

Softvolleyball

 デイケアは会社に通勤することを想定して週5日(月~金)通おうと思っている。もちろんストレスが蓄積されているという自覚もあるので、あまりに厳しい状態になったら休息をして、ふたたび自分に負荷をかけることを繰り返すのだ。音楽を聴くのもいいし、読書するのもいい。デイケアのソフトバレーボールに参加するのも運動になるし、程よい緊張とストレスの発散になっていいと思う。38才にして人生の修行をする時間ができたことを感謝しなければいけないかも。 ...編集日記

|

« デイケア 3日目 | トップページ | この本、実は有名なのかな? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/46949608

この記事へのトラックバック一覧です: 極めてロジカルな問題:

« デイケア 3日目 | トップページ | この本、実は有名なのかな? »