« 鬱病(39) 寝間の戯言/薬→心 | トップページ | Remind Me »

やりたいことをやってみよう!

「へいきだよ」

 ブログにも書いたとおり、テトラミドのおかげで心理状態が上向きなので、状態観察を兼ねてやりたいことをやってみようと思う。これは精神科の先生の助言でもある。まずはやりたいことを列挙してみたい。ちなみに最近の外出といったら近所のスーパーマーケットまでしか行ったことがない。電車に乗ったり人込みの中へ飛び込むこともこの数ヶ月ないので、やりたいことが内向的なのは否めない。

  • Arduino互換ボードV2を作りたい。

     過去にもArduino Severinoの回路を参考に日本で入手可能な部品で構成した互換ボードを作成した。今回はFTDIFT232RLを使ってUSBによる通信と給電を行う互換ボードを作ろうと思う。性能的にはArduino Severinoのまま(つまりATmega8あるいはATmega168)で、シリアル通信にFT232RLを使い、一応外部給電用のレギュレータも用意したい。(ちょっとしたパワー回路もドライブできるように。)基板実装は例によって片面感光基板を使う。ちなみに実装は本物のArduinoと同じ大きさと配置を目指そうと思う。問題はFT232RLの実装なのだが、これが表面実装部品でピンのピッチが非常に狭いためテクニックが必要なのだと思う。

  • ArduinoFORTHシールドボードを作りたい。

     何を言っているのかよくわからないと思うが、Arduinoに搭載することができるシールドボードを作りたい、ということなのだ。Arduino側は通信とI/Oのインターフェースに使用して、一部のピン(今のところSDA、SCLの予定)を使ってチップ間通信をさせながら、シールドボード上の AT90S8515+SRAM64KB+EEPROM(+PSG?)によるマイコンボードをコントロールするようにする。こちらのAVRマイコンにはファームウェアとしてFORTHインタプリタを搭載させて、拡張の外部メモリを動作用に利用しながらワード辞書をEEPROMに書いたり読んだりして仮想機械を動かす仕組みを作りたい。FORTH互換インタプリタのインプリメントはちょっと前から興味を持って作ったりプロトタイピングしたりしていた。このあたり、ArduinoGAINERの中間の路線としての狙いどころが面白いのだが、その研究対象として是非実現したい。Arduinoのシールドボードにする、というのは電源と通信を拝借するという理由からなのだ。

  • Arduino用LCD+PSGシールドボードを作りたい。

     これは呼んで字のごとく、Arduinoのシールドボードとして、16×2あるいは20×4のLCD(サンライク互換)表示機と、PSG(プログラマブル・サウンド・ジェネレータ)を組み込んだ基板を製作したいというものだ。Arduino単体ではLEDのチカチカしかできないから、文字出力と音声出力があれば何かと面白いかと思う。LCDは知りたい内容がそのまま表示されるので便利だ。サウンドはインプリメントする方法にもよるが、ファミコンとか MSXでよく聞いた2OPのFM音源のようなものを目指す予定である。手持ちにばらしたチップがいくつかあるのでそれを流用したい。

  • 心機一転のためruby言語をマスターしたい。

     あまり興味が沸かなかったruby言語を一通り使えるように勉強しておきたい。自分の次世代スクリプト言語の候補として有力な存在になるよう、きちんとポイントを押さえておきたいと思う。どうしてもPHPPythonGroovyに興味が移ってしまいがちな自分だが、PHPはさておきその他の言語の前にrubyに目を向けようと思う。yugui氏曰く「ALGOLの皮を被ったLISP」といわしめるrubyは只者じゃない!Matzにしたって只者じゃないのに…。
  • ...

記事全文

|

« 鬱病(39) 寝間の戯言/薬→心 | トップページ | Remind Me »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/46457499

この記事へのトラックバック一覧です: やりたいことをやってみよう!:

« 鬱病(39) 寝間の戯言/薬→心 | トップページ | Remind Me »