« 鬱病(37) 理由なき不安の隔離 | トップページ | Amazonプラグインが復活 »

二人のアラン・ケイ

安蘭けい

 先週の読売新聞の朝刊で、「言葉のアルバム」と題して「安蘭けい」さんという人のことが書かれていた。この人の名前ってなんて読むのかな?と思って記事を見渡したら、「あらん・けい」と読むらしい。「あらん・けい」…「アラン・ケイ」…、ん?「アラン・ケイ」と言えばダイナブックスクイークで有名な「アラン・ケイ」である。コンピュータ屋としては「アラン・ケイ(Alan Kay)」の方が思い入れがあるので、「安蘭けい(Aran Kei)」という人がいるのを知って驚愕した。

アラン・ケイ

 「安蘭けい」さんは元宝塚の花形俳優だったそうだ。確かに美人でオーラも感じるから人気があるんだと思う。一方の「アラン・ケイ」氏はコンピュータ黎明期からSmalltalkを操り、ダイナブック構想や計算機科学の啓発活動などで超超有名なコンピュータ・サイエンティストだ。なんだか分野はまったく異なるけど、二人ともその道のプロであることは確かだ。だがやはり「安蘭けい」という名前は気になる。「安蘭(あらん)」は宝塚だしありかな?とも思うけど、「けい」という名前は反則だ。いや、反則じゃないけど本名なのだろうか?(「恵子」とか?)愛称は「とうこ」らしい。もしも「アラン・ケイ」氏を知っていて「安蘭けい」という名前にしたとしたら、この女優さんを陰ながら応援しようと思う。そして多分パソコンおたくなのだと思う。絶対にそうだ。 ...本文

|

« 鬱病(37) 理由なき不安の隔離 | トップページ | Amazonプラグインが復活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/46019145

この記事へのトラックバック一覧です: 二人のアラン・ケイ:

« 鬱病(37) 理由なき不安の隔離 | トップページ | Amazonプラグインが復活 »