« サーバーが危険、自分も危険 | トップページ | レンタルサーバーの移管作業完了 »

鬱病(34) 一歩下がって半歩くらい進む

 もうかれこれ2週間以上になるだろうか。仕事の区切りがついた次の日くらいから頭痛が始まって、倦怠感と急激な食欲の低下で体力が落ちていくよう な感覚になった。そのあと一時は回復して出社できるぞ、と意気込んだ矢先に再び頭痛がやって来た。頭だけが熱を帯びていて熱い。そのせいか体が暑いのか寒 いのかよくわからない。フラフラしていて危なっかしいのだが、気合いを入れなければ!と頑張ろうとしても、肉体はおろか精神にも全然そんなものは入らない のである。いったい何なんだ…。

Thefool

 こんなことを復職してから何度も繰り返している。もちろん休職している期間が一番調子が悪かった訳だけど、それから何度かは数日程度でなんとか復帰できていた。時には仕事と趣味のパワーが高揚して、電子ガジェット1)とブレッドボードで実験回路を組み立て、Processingなどでプログラミングに夢中になっていたこともある。ここ最近では自宅サーバーの不調を何とかするために、ホスティング・サービスを利用してDokuWikiとコンテンツを移管したりもしている。それなりに頭が整理されて動くときと、今のようにほとんど動かなくても思い付いたように何かするときというように、かなり作業能力に高低があるように思える。

 早く職場復帰しなければと思う気持ちで、朝から晩までパソコンを起動しておくのだが、メールやニュースのチェックをするばかりで、以前に仕事や趣 味で作っていたような回路やプログラムがほとんど書けない。書けないと言うより、頭の中にイマジネーションすることができないのである。ああするにはこう やるとか、あれを操作するにはこのライブラリを使うとか、なんとなく覚えていたはずの経験や知識がフィードバックされないのは、自分にとっては恐怖そのも のだ。自分ができると思っていることができないという現実にたたされたとき、人は無力だし焦燥感で一杯になって心が静かに凍りついていくのが少しわかって きた。あまり良くない状況だということも。

 焦れば焦るほど体調は良くならない、というかむしろ悪くなっている。鬱病はとにかくこころを休めて回復を待つ病気だ。一般的には器質性でもない限 りは投薬によって脳内の神経伝達物質をコントロールする薬や、精神を安定させて不安などを取り除く薬、もっとも大事な睡眠をしっかりとるための薬で精神の バランスを正常な状態に近づけていく。でも普通の大人は休養ばかりしていられないのではないか?実際自分は残念ながら(そして不本意にも)休養せざるをえ ない状態だが、一方で社会人として経済活動をして給料をもらわなければならないのも事実な訳で、「働かざるもの食うべからず」の言葉通りだと自分は思って いる。実際には社会保険とか就業規則とかいろいろあるし、上司の人柄が大きな影響力を持っているというのもあって、その辺りの事情は簡単には片付けられな い。ただ、病気とはいえ仕事を長い間休んでしまうことで会社に迷惑をかけていることは重大な事実だ。その事実はよく分かっているつもりだが、寝込んでふと 目が覚めたときにその事を思い出すと、またズキンズキンと頭に釘でも打ち込んだみたいに痛くなる。焦るなということか?まず健康が第一ということか?そん なこと言っても普通焦るでしょう?だから悪循環なんだって!

 少しだけ良かったのは四環系のテトラミド(主に睡眠補助)と抗てんかん薬(頭痛の軽減)のランドセンがなくなったこと、そして食欲低下の副産物として2Kgくらい体重が落ちたこ とかもしれない。といっても体重はまだメタボリックシンドロームの範囲内なので改善の余地ありだけど。食欲は少しずつ戻ってきた気がするが、食べ物を見る だけで気持ちが悪くなるし、食事している人を見るのもいたたまれなくなる。吐き戻すことはないけど毎日のように胃や肝臓の辺りに差し込むような痛みが走る ときがあるのが気になる。破けるなら早く破けた方がいろいろな意味で楽になれるかもしれないな。2)

 いつになったら胸を張って自信を持って出社できるんだろう。それともすでに俺のデスクはないとか?それはとっても困るけど、なにか吹っ切れるような気がしないでもない。いや、それは問題なんだけど。...うつ病記

|

« サーバーが危険、自分も危険 | トップページ | レンタルサーバーの移管作業完了 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/45913304

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱病(34) 一歩下がって半歩くらい進む:

« サーバーが危険、自分も危険 | トップページ | レンタルサーバーの移管作業完了 »