« 千葉駅の地下が近未来空間だった! | トップページ | 古い基板は使わないで »

Arduino、いいです。

 ネットサーフィンしていたら世の中の電子工作はArduinoGainerといったガジェットとブレッドボードのようで、自作できることがわかったので作ってみることにした。(「Arduino開発・実験」 参照)今週末に体調とタイミングがよければ感光基板を作る予定で、昨日の夜に感光フィルムとシルク面の転写シールを印刷した。感光基板の消費期限が2年以 上前!なのだが大丈夫だろうか?感光塗料の品質が落ちることが原因だろうが、以前にも期限内に使い切ることができない事があった。今回は病気のこともあり ブランクは仕方がない。ということで、4回転各10分の露光と、濃い目の現像液、新しいエッチング液で備えることにしている。ちなみに、エッチング液は 3~5回くらい使ったら捨てようと思うので、日付を付箋紙か何かで書いておこう。(忘れちゃうからね。)ちなみに、Arduinoの開発環境はprocessingから派生して作られている、と言うような話が載っていた(確かにインターフェースは良く似ている。)が、スクリプトをAtmel AVRmega8(168)に書き込むのは、中間コードとかじゃなくてGCCを使っている(もしかしてWinAVR?調査不足でごめん。)らしい。ということは無論AVRマイコンの バイトコードに変換している訳で、それが証拠にブートローダで自己書き換えする仕組みになっている。なんとなくシステムが理解できそうで、ちょっと有耶無 耶な部分があるように思うので、互換基板が組みあがったら実験を兼ねてソフトウェア/ハードウェア両方の検証をしたいと思う。

Arduinoduemilanove

 話は変わってこのサイトのアクセスカウンタとグラフ表示をするPHPスクリプトが時々ストールしてしまう。以前にも何回かあったことだが、 気が付かないとカウンタがクリアされてしまう ので、チョッと問題だ。(いや、かなり問題だ。)いっそのことこのプログラムを削除しようと思ったが、これで蓄積したデータが1年分ある(ということは、 かれこれ自宅サーバー開設から1年以上が経過したということだ。)ので、思いとどまってストールの原因になりそうな部分を、リカバリ処理に遷移させないで 脱出させるという改造をしてみた。しばらくこれで様子を見てみよう。蓄積したデータはPukiWiki時代にはAjaxで表示できるようにしていたが、DokuWikiにしてからサボっているので、近いうちにAjaxを思い出すためにもコードを書こうと思う。早速Redmineにチケット作るか! ...【編集日記】

|

« 千葉駅の地下が近未来空間だった! | トップページ | 古い基板は使わないで »

ソフトウェア」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/45907243

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino、いいです。:

« 千葉駅の地下が近未来空間だった! | トップページ | 古い基板は使わないで »