« 春眠暁を覚えず、とはこれ如何に… | トップページ | Myloを買いました。 »

興味深々2008春

 携帯電話にデジカメが内蔵されていると、何かと便利ですね。自分の所持しているのはドコモの N701iD という(とても?古い)機種です。なぜこの機種を選んだかというと、デザインがいい(確か有名は若手日本人デザイナが手がけていた…。)ことと、日本語入力にT9エンジンを積んでいること、メーカーのNECはちょっとだけひいきめで見ていること、新機種が出たばかりで機能は悪くないのに値段が安かったこと、などなどの理由で決めました。デザインはシンプルかつ大胆な演出が施されており、本体表面の有機ELによるアニメーション表示や、画面上のオペレーション・ウィジットにも華美な感じがないのがとてもよいです。自分はメールを打つ機会が多いので、日本語入力機能はかなり他の機種と比べながら悩みました。結局はどこのメーカーでも慣れてしまえばそれなりに使えるのですが、その中でも一番入力が少なくて済むのがT9エンジンを積んだこの機種だったという訳です。例えば、一般的な入力方式で「携帯」と入力したいとき、普通なら「かきく[け]あ[い][た]あ[い][変換]→[候補選択]」と入力するところを、T9だと「かあたあ[候補選択]」というように驚くほど入力回数が少なくて済みます。入力中に予想して「かあ」が「けい」というように、よく使う字列にダイナミックに変換されていくのです。後は予測候補の絞り込みだけど、これは他の携帯電話と同じかな。とにかく入力回数が少ないのはいいですね。
 話が表題からどんどん離れていきますが、このまま続行します。残念なことに、このN701iDのデジタルカメラはあまり性能がよくありません。一応、XGAクラスのスーパーファイン画像を撮影することができますが、GIMPなどで細部を拡大すると、色ノイズが多くて、まるでNTSCの画像にノイズが乗っかったような感じの画質でした。細部がはっきりしないのと、その例のノイズ、露出に大きく左右される色味、どれをとってもよくな〜い…。でも本来デジタルカメラは携帯電話の付加機能ですから、そんなに文句は言っていられません。第一、ブログやちょっとした記録などで使う分には、まったく問題がないからです。
 そんなわけで、最近とった興味深いものをいくつか紹介したいと思います。(前置き長過ぎ!)


(1) 最強シュレッダーが会社に出現!
Breakcd  同僚が会社で購入を検討していたシュレッダーが、都合で休んでいた間に会社に納品されていたようです。紙だけでなくCD(含むDVD)までも粉砕することができる優れものです。ならば早速何かをシュレッディングしようと思ったけど、手頃な紙屑がなかったので、お守り(否、魔除けか?)のCDをシュッレッダーの刑に処することにしました。このCD,見てわかるように、「使用禁止 ウィルス混入」と書かれています。この字はお客さんの字、ということはウィルス入りのプログラムを納品してしまったということです。大事にはなりませんでしたが、そのCDはわざわざ自分の手元に戻ってきました。これを戒めにウィルス対策には気をつけ使おうと思ったものです。
 で、粉砕。あっけなく3秒でバリバリと微塵切りになりました。さらばウィルスCDよ!

(2) 懐かしい自動ガム販売機
Gumvender  昔はよく見たような気がするガムの自動販売機が、近くの蕎麦屋に置いてありました。最近ガムというとフラボノイドだのキシリトールだのと、体に(歯に?)よいガムがたくさん出回っていますが、そのほとんどが粒ガムタイプです。昔はガムといったら板ガムしかなかった気がします。そもそもガムを噛むという習慣が、日本人の間にどれくらい浸透しているのでしょうか?ロッテさんやカネボウさんなど、たくさんのメーカーがインフラ向上に尽力されているのでしょうね。
 そんなことを尻目にこの自動販売機の商品ラインナップを確認したところ、何と板ガムタイプではありませんか!ちょっとビックリ。(いや、別にビックリすることないけどね。)しかも「梅ガム」「FREEZONE」といた微妙なポイントをついてくる商品がある点に拍手を送りたいです。この自販機プロデュースしているの誰なんだろう?それと、よく見ると「金柑喉飴」が…。それはガムではなく飴なのでは?でっかく「GREEN GUM」って書いてあるんだから、ガムだけ売って欲しかった。ちなみにもちろん「GREEN GUM」は「COOL MINT」と一緒に売られていました。
 ところで「GREEN GUM」の頭のGは何で赤いんだろうね?

(3) 『DIGITAL RETRO』買いました。
Digitalretro  パソコン黎明期からPC-AT、NeXTの時代までの、パソコン(いや、あえてマイコンと呼ぶべきか?)を年代順に紹介しているマニア本。この本の存在を知ったときから買いたくてしかたがなかったけど、体調が悪かったり他のことに気を取られていて一時忘れていたのが、アマゾンサイトをぶらぶら(略して「アマぶら」)していたら、たまたま見つけてウィッシュリストに突っ込んでおきました。で、それを購入したということで中身を見たら、そりゃもうアルタイルから始まってPETだのコモドールだのシンクレアだの、当時欲しかった夢のマシンが原色で紹介されていて、ひとりででウハウハしてしまいました。原書が海外本なのでヨーロッパ&アメリカのマシンばかりなのですが、それでも当時、電波新聞社のベーシックマガジンで「VIC-1001」とか「ZX-81」とか「コモドール64」とかの画面写真やプログラム紹介を見て、「やっぱり洋物は違うなぁ。」と感心したものです。
 これと同じ内容で日本版『DIGITAL RETRO JAPAN』が出版されないかな?もしかしてもうあるとか?PC-8001シリーズやPC-9801シリーズの系譜をすべて並べてカラー写真で飾ったら、それはもう戦国絵巻もビックリの壮観なものになるだろうし、BASICMASTER、FP-1001、PASOPIA、FM-7、X1シリーズ、MZシリーズなど各社の8ビット機、ピュー太、M5、SC1000といったアミューズメント色の強い機種、そして今でも根強いファンのいるポケットコンピュータなど、枚挙に暇がないほど日本のコンピュータ黎明期の移り変わりは激しかったなぁ。いつしかパソコンソフト市場は、PC-8801系、PC-9801系、X1系、MSX系に収束していき、それに伴って各社独自のパソコンが無くなって、MSXという統一規格マシンのリリースになっていったけど、NECだけは頑固に自社ブランドを守っていたのには強いポリシーというかコンピュータ市場を担ってきた自信を感じるね。でも残念ながらWindowsが囁かれる90年代半ばには、PC-AT互換機が登場しDOS/Vの見たこともない洋ゲーに胸躍らせた記憶があります。自分も大枚叩いてDOS/V機を買って、今まで使っていたパソコンより何倍も高速な動作に戸惑いました。

(4) 健康になりたいのか、否か?
Beautyalcole  どう思うでしょうか?「りんごと食物繊維のお酒」「白桃とコエンザイムQ10のお酒」「ベジタブルカクテル」抹茶・牛乳のお酒などなど。僕には健康になりたいんなら飲まない方がいいのじゃないかと、そう思わずにはいられません。よく見てほしいのですが、「りんごと食物繊維のお酒」は、りんごのお酒なのか食物繊維のお酒なのかわかりません。「いえ、りんごと食物繊維からアルコールを作りました。」と言われたとしても、やっぱりそれっておかしくないですか?どうせなら、りんごのお酒(カルバドスとかシードルとか)を飲んで、食物繊維のある食物をつまみましょうよ。「白桃とコエンザイムQ10のお酒」も同じことですが、そもそもコエンザイムQ10とかって、お酒の名前として適切じゃぁないよね。だって化学用語そのままだもの。今は一般化されてるからいいものの、例えば「洋梨と二酸化メチルのお酒」とか言われたら嫌でしょ?(二酸化メチルっていうのはメチャクチャです。)
 それでも我慢して(何を?)、アルコール度数は10%未満と考えたとして、これを飲んで食物繊維やなんとかQ10とかを必要量もしくはそれを充足させるために飲もうと考える人は少ないと思うなぁ。ま、そんなこと考えなくていいか。要するに作りたい人が作ったお酒を、飲みたい人が飲んで満足すればいい、というわけだ。
 「ベジタブルカクテル」っていうのもなかなか考えものだけど、Q10よりはいいと思います。

(5) 空中店舗『パ◯オス』
Floatingstore  ある事情で帰省したときのこと、奥さんが買い物をしている間、愛犬はな(ウェルシュ・コーギー♀)と店のまわりを散歩していました。ふと気がつくと奇妙な光景が目に飛び込んで来たのです。普通、家屋やビルや店舗などの建物というのは、地面(クドく言うならば地球の表面部分)に基礎となる土台を作ってから、その上に建っていると思いますよね?まれにそうでない例もあるかもしれませんが、自分は今まで(その時まで)見たことがありません。写真では分かりづらいのですが、撮影している自分の後ろ側が土手の上の道路になっており、そこから橋(?)を通って駐車場に入るようになっていました。撮影時の自分はその橋の上におり、入口とは斜め向かいの出口側はそのまま道路に出るようになっていたので、三角コーナーの凹み見たいな立地条件なのです。
 それにしても、この光景はとても異様ですよね。まるで空中店舗です。というか、空中店舗なのです。この建造物を構成する鉄骨と排水配管でできた中空の空間は、スーパーに買い物にくるお客さんのいる風景とは真逆で、陰湿で人を寄せ付けないダークマターのようなボリューム感があり、工場マニアの自分としては何とも言えず感無量でした。(←バカ)

|

« 春眠暁を覚えず、とはこれ如何に… | トップページ | Myloを買いました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

携帯電話、N702iD の間違いでした。いずれにしても古い機種です。機種変したいなぁ〜。

投稿: Daisukeh | 2008/04/20 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/45907119

この記事へのトラックバック一覧です: 興味深々2008春:

» 【ポケットコンピュータ】についてブログや通販での検索結果から見ると… [気になるワードを詳しく検索!]
ポケットコンピュータ をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… [続きを読む]

受信: 2008/06/06 02:53

« 春眠暁を覚えず、とはこれ如何に… | トップページ | Myloを買いました。 »