« JAビル地下の本屋 | トップページ | 鬱病(22) 頑張っちゃいけないの? »

新年明けまして、クスクスです。

 2008年、新年明けてしまいまして、おめでとうございます。年末年始は特別に行事らしいことはせずに、家でゴロゴロしていました。別にゴロゴロしていたかった訳ではなく、行事らしいことがしたくなかった訳でもないのですが、年末から新しくリーマスという躁鬱病にも使われる薬が加わってから、だんだんと気分の波が収まってきたこともあり、とてもよく眠れるようになって、横になるとコロッと眠ってしまうので困りました。年が明けたら本格的に仕事に復帰するべく、リハビリを兼ねた勉強を(すこしだけ)頑張っちゃおうかな~、なんて思っていたのですが、眠り呆けていたというわけです。
 毎日パソコン広げてみたり、JavaScriptやPHPの解説本、ブザン氏の「ザ・マインドマップ」など読もうとするのですが、なかなか先に進みませんでした。でも、何も気にせずゆっくり休息ができたと思えば、無駄な休暇ではなかったかなぁ、と思ってよしとしたいですね。

 唯一、大晦日に千葉の大通りと中央公園で恒例行事になっているライトアップを、家族3人(内、犬一頭)で見にいきました。今年は去年と違って飾りつけに「美的センス」を感じました。(「装飾の品格」なんつって…。)ミラマーレ(千葉中央駅)のライトアップも下品じゃなくて綺麗でした。去年は大通りのそれぞれの木に施されたライトアップが、「蜘蛛の巣がひっかかったみたいな状態」になっちゃっていて、その「美的センス」とやらが悪かったので、今年はどうかなぁと少し心配していたのです。それぞれの木の幹に、おそらく有機ELパネルと思われる協賛会社のパネルが光っていたのも印象的でした。

 新年は奥さん手作りのおせち料理と、実家から届いた餅(12月30日に臼と杵でつく本格派)で作った雑煮を食べたりして、なかなかのご馳走三昧でした。(食べた後は横になって眠るということの繰り返しだったので、おそらく体重が増えているでしょう…。)おせち料理も夫婦二人が食べたいものを作ったり買ったりしたから、余ることもなく本当においしくいただきました。正月なのにお好み焼きとかピザ(それも手作りの!)とかも食べました。夫婦そろってパンが好きなので、おいしいパン屋を探して「パン・パーティー」もしました。(そう考えると、ちょっと行事らしいこうとしてるね→俺)あぁ、でも昔行ったことのあるパン屋が別の系列のパン屋になっていて、そこの胡桃パンが塩っぱかったのでショックでした。(普通はチョイ甘めだと思うのですが。多分、塩の配合を間違えたのでしょう。)

Couscous_2  そんな中、かねてより食べてみたいもののひとつに「クスクス」がありました。クスクスっていうのは北アフリカの国々などで食べられている主食で、「最も短いパスタ」なんて言われているらしく、小麦粉(セモリナ粉)で作った米より小さな細かい粒状のパスタです。これを茹でたり蒸したりして食べるのだそうです。そんなわけで、近くにできたショッピングモールのワールド食材を売ってるお店で、シーズニング・クスクス(味とか風味がついているクスクス)を買ってみました。おそらくイギリスなんかじゃポピュラーなのであろう、『Sammy'sのCousCousシリーズ』です。あえてプレーン・クスクスにしなかったのは、味がついていた方が調理が楽だし本格的なのかなぁと(勝手に)思ったからで、これが後で後悔の原因になるとは思いませんでした。

Sammys  正月休み最後の日の晩御飯、奥さんがその『Sammy'sのCousCous(プロバンス風)』と、おかずとなる具沢山のトマトベースの野菜ポトフ(手作りソーセージ入り)を作ってくれました。で、ちょっとだけワインを飲んだりして、オリエンタルムードたっぷりのディナーになるかと思いきや、クスクスは「あんまりおいしくない…。」のです!何だか炊いてそのまま3日くらい保温しっ放しで水分が抜けたお米の様な、安物のスナック(味はあの「スナイダーのハニーマスタード味?」をラーメンスナックにして、さらにそれをミキサーにかけてお湯をいれてふやかした様な、そんな感じでした。いや、クスクスの名誉のために言っておきますが、調理の仕方に失敗したのかもしれません。また、『Sammy's』はイギリスの会社だったから、現地の人もこのメーカーのクスクスを食べたら「これはクスクスじゃない!」とか言うかも?海外に行って日本料理店で寿司とか頼むと「ワサビ入れすぎ!」とか「これ本当に酢飯?」とか言いたくなるのが出てきたりしますよね。それと同じなのかもしれません。
 奥さん曰く「水分の飛ばし方が甘かったのかも?」とのことでした。本来のクスクスはパサパサのポロポロ状態なのかもしれません。自分たちの食べたのは先にも書いたような「失敗エスニックピラフ風クスクス(グジュグジュ?)」になってしまったのです。幸い、野菜ポトフはとても美味しかったので、それがせめてもの救いでした。もう当分クスクスは遠慮したいと思いますが、また忘れたころにリベンジするぞ!なんてね。

 リベンジといえば、年に一度は試したい食べ物に、「トマトジュース」があります。トマトが入った飲みやすい野菜ジュースとかは平気で飲めるのですが、純粋なトマトジュース(ちょっと塩っぱい様な濃いヤツ)は、未だかつて一口も飲めません。しかし、体調や食の好みの変化で、もしかすると今年は飲めるのでは?なんて毎年思っているので、そろそろ試そうと思います。ちなみに、トマトスープは大好きです。トマトジュースを温めたものと、トマトスープが冷めたものを黙って出されたら、両方飲めるのでしょうか?どうでもいい話ですね。

※ブザン氏の「ザ・マインドマップ」は、それでもなんとか「斜め読破(←なんじゃそりゃ)」しました。はっきり言って、前半の三分の一くらい読めば、マインドマップは使える様になるとおもいます。パソコンのマインドマップツールについては、このブログでも言及しましたが、マインドマップを使っていろいろなブレインストーミングをしてみると、『手書きによるマインドマップ』が最も効率が良く、思い通りに作れて放射思考の滞りが無いように思いました。(ちなみに字とか絵は汚くてメチャクチャですけど。印象的ではあるかな?)「Freemind」とか「VYM」もいいのですが、どうしても操作することに「脳力」の何割かが使われてしまいますね。このあたりはツールの習熟度によるのか、あるいはインターフェースの工夫をすれば、もう少し使いやすいツールになりそうなんですけど。

ということで、数少ない読者の方々、あるいは検索でヒットして飛んで来た方、皆さん今年も宜しくお願いします。今年は、本格的にWEBプログラミングするぞ!

|

« JAビル地下の本屋 | トップページ | 鬱病(22) 頑張っちゃいけないの? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/45907101

この記事へのトラックバック一覧です: 新年明けまして、クスクスです。:

« JAビル地下の本屋 | トップページ | 鬱病(22) 頑張っちゃいけないの? »