« 「でもなんか気になるって感じ~。」 | トップページ | 鬱病(16) 大海の一滴 »

鬱病(15) 狂人は自分自身を自覚できるのか?

 毎日のように気持ちの浮き沈みがある。朝の記憶が夜になると曖昧なときもある。気分のいい時は冗談を言ったりブログを書いたりして、とても楽しくていいのだけれど、何でもないことで突然落ち込んで、クラクラしてどうにもならなくなってしまう。脳が沸騰する(?)のがわかる。情けない自分、考えることができない自分がそこに存在する。そして、そういう自分を再確認してショックを受けるのだ。

 『いつになったら闇夜が明けるのだろう。』 人によって個人差はあるにせよ、もう少しで休職して半年経ってしまう。今は心の充電期間なのだとわかっていても、本当に職場復帰できるのかと焦ってしまう。職場復帰というよりも、普通の人間、夫、社会人、プログラマ、技術者として仕事ができて、再び家族を養っていけるようになれるのか本気で心配だし、狂っているんだという自覚が…。

Dprcycle

 奥さんには本当には心配をかけているが、最近は心配というよりむしろ落胆しているのかもしれないな。自分でも制御できない“支離滅裂な心”なのだから、一緒に生活する人は迷惑だろうな。そして、仕事ができない自分を見守ってくれる会社も、わかっていても少し呆れるというか「彼はもうダメ?」って思われてしまうのだろうか?
 そういうことは、自分もわかっているし、一番心配していることだし、だからこそ昨日より今日、今日より明日、と少しでも改善することがないか考えて実践しているつもりだ。今日だってサーバーのメンテナンスしたりして、技術が衰えてないか確認できた。失敗して鬱になることもあるけど、成功してちょっと元気になることもある。昨日と今日は何が違うのか、どうしたらよくなったのか…、俺だって考えているんだけど、その考える作業が全然追いつかない。以前の自分はどこへいったんだろう。
 鬱と希死はとても近い位置にあるような気がする。クラクラするとつらい、だからそのつらさから訳も無く逃れたくなるから。

Flickr 見てると飽きないね。いろいろな人のいろいろな心を写し取ったみたいで、芸術的だったり前衛的だったり退廃的だったり、強いメッセージが込められていたりする。 不思議な世界に引きずり込まれてしまいそうだ…。

|

« 「でもなんか気になるって感じ~。」 | トップページ | 鬱病(16) 大海の一滴 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あまみのくろうさぎさん、コメントありがとうございました。
まだ、拝読しておりませんが、コメントは非公開とさせていただきました。

御返答するのにしばらく時間をください。

投稿: Daisukeh | 2007/07/21 08:22

あまみのくろうさぎさん、コメントありがとうございました。

他人の心が読めないように、人の苦しみもまた、それぞれ違うものでしょう? だから、期間とか状況とか、自分を取り巻くすべての関係が、現時点の(この一瞬の)自分だけの人生であって、他人が指図したり干渉したりする権利は無いんだと思いました。その関係に「欲」と「怒り」を持ち込まないこと、そして「見て見ぬふり」をしないことが、次の一瞬を楽しくする方法なんだと思います。

だから『自分らしく生きる』ことができれば、それでいいのかなぁ、と…。

※自分も毎日が一喜一憂ですが、進歩する努力を続けます。
そして必ず(普通の)人間に戻ります。
http://daisukeh.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/17_1132.html

投稿: Daisukeh | 2007/07/22 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189978/45907079

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱病(15) 狂人は自分自身を自覚できるのか?:

« 「でもなんか気になるって感じ~。」 | トップページ | 鬱病(16) 大海の一滴 »